レプリケーション

負荷テスト要件をクリアするため、使っているデータベースをレプリケーションした。 どういうことが内部で起きているのか、掴む。

レプリケーション

レプリケーション(英: Replication)とは、ソフトウェアやハードウェアの冗長なリソース間で一貫性を保ちながら情報を共有する処理を意味し、信頼性やフォールトトレラント性やアクセス容易性を強化する。同じデータを複数の記憶装置に格納することを「データレプリケーション」、同じ計算タスクを何度も実行することを「計算レプリケーション」という。計算タスクの場合、異なる機器上で実行すれば「空間的レプリケーション」となり、同じ機器上で繰り返し実行すれば「時間的レプリケーション」となる。Replication は本来は「複製」の意。

まあよくわからないけど、今回は主に参照性能の向上を意図して行っているという理解。

Postgres

PostgreSQLに接続してレプリケーション用のユーザーを作成して、

psql -U postgres  
CREATE ROLE replication_user LOGIN REPLICATION PASSWORD 'xxxxxxxxx';  

pg_hba.confにレプリケーションの設定を追加して複製すればできる。