DAO

DAO(ダオ)とはDecentralized(Distibuted) Autonomous Organization、自律分散型組織の略称である。
ルールと報酬を定義し、それをブロックチェーン上でプログラム化することにより、管理者(会社、政治組織)を不要のものとする組織形態だ。
(スマートコントラクトという言葉は、意味が曖昧なので良くない。)

わかりづらければ、「管理者がいない通貨によって管理者のいないサービスが提供される組織」という風に思えば良い。

the DAO

例を挙げると、the DAOがある。これは、DAO型のVC(ベンチャー・キャピタル)である。VCには、自己資金を未上場企業に投資するケースと、投資事業組合(ファンド)を設立し、投資家から資金を集めて、そのファンドマネージャーとして未上場企業に投資するケースとがあるが、この場合は後者である。

EthereumのDAppにより、ファンドマネージャーを投資家の多数決に、投資仲介企業をブロックチェーンに置き換えることで、DAOを実現した。が、ハッキングされた。Ethereum自体はハッキングされないが、管理所がハッキングされることはある。銀行強盗と一緒だった。

分散型システム

ブロックチェーンが仮想通貨の文脈で多く語られるのは、それがビットコインによって生まれた技術であり、改ざんを懸念して記録を担保する必要がある取引は通貨との交換がほとんどだからである。

人類が位置、そして時間的制約から逃れつつある現在においては、「大きな一つの力<無数の小さな力の集合」の図式が生まれやすい。管理コストを0にできるブロックチェーンを使ったDAO型の組織はその観点でスケールしやすく、同じ土俵では既存の中央集権型組織は太刀打ちできなくなると思われる。the DAOは極めて短期間で150億円を調達していた。

通貨

現実通貨は、金本位制ではなく、管理通貨制なので、その価値は、発行団体(国家、組織)の信用度に依存する。

一方で、仮想通貨の価値は、その仮想通貨経済への信用度に基本的には依存する(シニョリッジを含む)。
仮想通貨経済圏で形成されるDAOの集合は、国家経済のように振る舞うと思われる。それは、管理コスト等といった面で既存国家より優れる一方、プログラムコードは基本的に決定論的なので、契約違反に対する考えられるすべての成果は明白に指定される。
従い、柔軟性にかける。地球全体経済の何パーセントかわからないが、適材適所をDAOが置き換えるところで落ちつくと思う。

価値を抽象化しようとすれば、それは人々の信用によって決まる。信用が増えないと信用が生まれないという矛盾がある中で、人々は何を適切に信じるのか。どんなに優れた仕組みを考えようと、そこに導ける適切なコンテキストと、カルトの存在が、この発展を進める。リアリストだけでは無理だ。